上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の時計を職場の同級生に、「これいいやろ!?これいいやろ!?」と
自慢すると、「お前そんなんで嬉しいって安上がりやな」と言われましたよ。
まめぞーです。こんばんは。
ふーんだ!いいもん!かっこいいんだもん!べーだ。

さてさて、以前にクイファさんのスキルとステータスを2種類紹介いたしました。
Type:VIT-LUCType:AGI-LUCです。
こんな感じで2つの違うタイプのキャラ特性を装備によって使い分けていました。
今回は、もう1種類増えたType:AGI-LUCのバリエーションのご紹介です。

beast1.jpg

何気にWikiを読んでいて、バトルビーストドレスって
回避40もあるじゃん!と思ったのがきっかけ。
またもや、ロクに調べもせず勢いで買ってしまいました。
これで女格闘服・下と組み合わせれば結構回避上がるじゃーん。
ちょっと装備回避をアップしようかなとか思っていました。

が!
バトルビーストドレスって胸・腹・腰だったんですね!!!ぎゃーーーす!
ドレスを着せた瞬間、格闘服が脱げたのは驚きです。
ぐふぅ、ぐふぅと唸りながら、せっかく買ったのに着る機会ない・・・。
単なるお洒落着となってしまうんだろうか・・・と思いました。
でも、30万も出して買ったのにもったいない!これは使うしかないだろう!
というわけで、急遽、バトルビーストドレス、
略してバービードレスに合うように装備を整えたのです。
しかし、3年経つのに相変わらず懲りない男ですね。

【ステータス】

beast5.jpg

ver.1では、祝福のグリフドチュニックと格闘下でAGIを24稼いでいました。
それが確保できなかったため、ver.2ではSTRが10下がってしまいました。

【装備】

頭:鉄壁のヘルメット 装備回避10
目:眼帯-赤 ○3 AGI3×3 装備回避1
口:噂のベール○5 AGI3×5 装備回避1
体:バトルビーストドレス ○1 AGI3×1 装備回避40
腕:アサシンズスリーブ ○1 LUC3×1 装備回避11
足:しましまニーソ=黒 ○1 AGI3×1 
靴:アサシンズサバトン ○1 LUC3×1 装備回避6
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+30 DEX+25 AGI+25 LUC+15
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 AGI+25 VIT+25
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 VIT+25 LUC+25
アクセサリ:至高の葡萄の宝珠 ALL+7 装備回避10
背中:羽 装備回避7
盾:スモールマナシールド 装備回避12

装備回避 110
結果的に、装備回避はver.1より15も上がることとなりました。

【スキル】
変更無しのため省略。

beast3.jpg

装備回避95のver.1でも暗闇注射器を使うと、
マディムに対して当たる気はしませんでしたが、
このver.2では、注射器無しでも当たる気がしません。
まぁ、100%ではないので、たまーに鎌に当たることもありますが、
装備回避15の差ってかなり大きいものがありますね。

beast4.jpg

ただ1つ欠点は、ちょっとでもローアングルにすると、
パンツがぐぁばっと見えてしまうこと!
花も恥じらう乙女にあるまじきことですよ!!!
これからは、隙あらばスカートの中を覗き込もうとする男子を警戒しつつ、
華麗に戦っていきたいと思います。

ベルアイル・ブログ
ランキング参加中。もっとパンツ見せろっていう困った子はクリックしてね。
スポンサーサイト
ギルメンへ、ちょっと読んで理解しておいて

ネタバレのため、一応伏せ
... 続きを読む
今日は久々に晴れ間が見えていいお天気でした!
でも、私はなんだかぼーっとしちゃって家の中で過ごしたという
何とももったいない休日でした。
まめぞーです。こんばんは。

さてさて、今日はクイファさんのスキルとステータスのご紹介。
以前、クイファは装備によってキャラタイプが変わるというお話をしました。
今回は、Type:VIT-LUCのお話をしたいと思います。
前回は、Type:AGI-LUCでしたね。
その記事を書いてから早くも3ヶ月が経とうとしています。
てか、もうそんなに経ったの!?どんだけ書いてないねん、わし。
いやさ、装備が手に入らなかったり色々あったんだよ。

quifasta2.jpg

壮年期となってすっかり落ち着いた雰囲気のクイファさん。
ふと空を見上げる姿が、なんとも言えず良い表情をされていますね。
「まめさんがステ紹介するのって、まずは自キャラ萌えだからな」と
ギルチャで指摘を受けましたが、まさにその通り!
こんなに可愛い私のキャラをみんな見て!どう可愛いでしょ?というのが前提。
あぁん、クイファさんも素敵過ぎてため息でちゃいますわ。

以下、例によってステータスと装備を。

【ステータス】
7代目のため、合計280。

quifasta3.jpg

装備の見直しを行ったため、前回から修正あり。

【装備】
頭:ジュエルコロネット=氷 ○4 DEX3×4
目:血染めの包帯 ○2*2 VIT3×2 HP4×2
口:ベール黒 ○5*1 VIT3×5 MP3×1
体:修羅のメタルブレスト 穴無し
腕:アサシンズスリーブ ○1 LUC3×1
足:祝福のスケイルレギング ○1*2 LUC3×1 HP4×2
靴:天空のドラゴンサバトン *3 HP4×3
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+30 DEX+25 AGI+25 LUC+15
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 AGI+25 VIT+25
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 VIT+25 LUC+25
アクセサリ:鳳凰3

【装備防御】
608×防御スキル105%=638

【スキル】
前回とほぼ同じのため省略。

クイファは、Fung家のご先祖さまである、藤緒や抱月の血を引くため
Type:VIT-LUCとは言っても、位置付けはあくまでアタッカーと考えています。
彼女らは、ソロでのタイマン戦士でした。
ガチ壁のアルプと比べ、防御よりも攻撃を重視。
壁役もできないことはないという感じですかね。
マツ塩を食べれば装備防御も735になりますし。

斧130と弓110という構成で遠近どちらからでも攻撃でき、
かつ、AGIによるディレイ減少とアサシン袖のモーションカットによって、
最速に近い形での攻撃を繰り出すことができます。
本当なら、壁役の色である赤い修羅のメタルブレストじゃなくて、
アタッカー用の色である黒い暗黒のメタルブレストを装備させたいのですが、
諸事情により、なかなか暗黒を手に入れることができません。

だいたい、青銅メタルブレストの入手が困難なんだよなぁ。
やっとレシピが出たのでだいぶマシにはなったといっても、
グレイリザードは時間わきな上に、人がいて当たらないし、
中にはすごいめんどくさい人もいて、うんざりしますからね。
相手にするだけ無駄って感じ。
あら、ついつい毒がポロリと出ちゃいましたわね。
ごめんあそばせ。

quifausiro.jpg

ジャッジメントを装備させた後姿。
やっぱり両刃の斧が格好いいですよねー。
アサシン袖のヒジの部分、そう亀の甲羅みたいに見えるところですよ。
あそこが、もんのすごい気になって装備する気にならなかったんですが、
メタルブレストだとあら不思議!
装備の一部に溶け込んで、全然気にならないんですよ!

それにしても、初めてアサシン袖つけたときには、びっくりしますね。
今まで経験したことのないモーションの速さなんで、
連撃のタイミングが全く取れなかったんですよ。
片手斧で攻撃した日にゃあんた、その斧重量0?ってくらい振り回すの。

quifayumi.jpg

こちらは弓で獲物を狙うクイファさん。
いやぁ、いい表情してますなぁ。
鎧を着込んでいる戦士は、壮年期がよく似合います。
戦い慣れた歴戦の勇士って感じがしてGOOD。

ジュエルコロネットは優秀な上に、見た目もよくてほんといいですね。
この髪型だと少年期はカチューシャ娘になるんですよ!
何度ここで訴えても実装されないブルマと体操服が導入された暁には、
必ずこの髪型を選びます。
ブルマ、体操服、それにハチマキは基本だろ?

Type:AGI-LUCは主にソロ活動で使っています。
素材を集めたり、マディム倒したり、雑魚狩りなんかで装備が痛まなくて済みますし。
代わって、Type:VIT-LUCはPT戦専用。
こちらは、最高の火力を誇ってはいても、防御力が全くなかった抱月
防御面でも進化させ、PT戦で生き残れるようにした感じです。
ピーキーすぎる抱月は使ってて面白かったんですけどね。

いやぁ、我ながら装備によってタイプが変化するという
とても面白いキャラを作ったなぁと1人悦に入っております。
炎の守護でのヒーロータイムでは、ダメージのでかさに
うひょひょーってなりますよ。
この2つの顔を持つクイファを使いわけて、
これからも激しくなる戦いに挑んでいきます。
スーパーでお惣菜を買うと
「お箸は1つでよろしいですか?」と聞くのをやめて欲しいです。
なんなの?ねぇ、なんなの?1人で食べる量じゃないって言いたいわけ?
食べる。食べるわよ。見たら分かるでしょ。太ってるの。いい?だから食べるの。
そんな感情を抑えつつ、控えめな声で、
「あ、2つください。」と言う見栄っ張りな私。
ね?私ってば可愛いでしょ?
まめぞーです。こんばんは。

そんな横に長いおっさんの悲しいお話はここまでとして、
「アルプのステはどうなってるんだよ。まめがよ。」と気になっている
読者の方もいらっしゃると思いましたので、
うれし恥ずかし乙女の実態!アルプちゃんを大解剖!女の子の秘密全部見せます!
と題しまして、スキルとステータスを公開したいと思います。

alpsute1.jpg

ほらほら、みなさんががっつくから、アルプが照れちゃってるじゃないですか。

これがアルプの今のメイン装備。
何度も言うてしつこいようですが、修羅メタルシリーズは最高に格好いい。
壁役は赤い色。なぜか私はそんなふうにしちゃうみたいです。

【ステータス】
4代目のため、合計265

alpsute2.jpg

【装備】
頭:ジュエルコロネット=地 ○1*2 VIT3×1 HP4×2
目:包帯 ○2*3 VIT3×2 HP4×3
口:ベール黒 ○1*5 DEX3×1 HP4×5
体:修羅のメタルブレスト 穴無し
腕:天空のドラゴンスリーブ ○1*1 VIT3×1 HP4×1
足:天空のドラゴングリーブ *2 HP4×2
靴:修羅のメタルサバトン ○1*1 VIT3×1 HP4×1
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 AGI+25 VIT+25
アクセサリ:真銀の要塞2
アクセサリ:真銀の要塞2
アクセサリ:アレクD2
背中:悪魔の羽 △による属性装備
盾:アンガーシールド 穴無し
剣:破壊のマーヴェルソード *2 HP4×2

【装備防御】
700×防御スキル115%=805

【スキル】
剣:100%
盾:75%(補正25%)
防御:105%(補正10%)
奥義:93%(補正7%)
対攻撃:37%(補正58%)
光:10%
氷:10%
掘り:90%(補正10%)
木こり:80%(補正10%)

【HP】
通常時:2700 耐久力上昇時:4050

今回、メインとサブの2つのアカウントを通して初めて、
盾と剣をステータスやHPの補正として考慮に入れました。
同じ戦士であるアルプは武器を持ち換えることを前提としているので、
盾と武器は考慮に入れず、防具だけでステータスを確保しているのですが、
アルプの場合は、対BOSS戦での戦闘のみに特化していますので、
こうした形をとってみました。

スキルに掘りと木こりが入っているのも、
坑道戦を前提としたキャラメイクをしたためです。
ばーさんと同じアカウントのため、アルプを出撃させると
ギルド内で掘りや木こりを行う人が減ってしまい、
進軍速度が鈍ってしまうのを防ぎたかったんですよね。

アルプⅡまでは、片手斧を主武器として使っていたのですが、
アルプⅢでは、片手剣を主武器としました。
これは武器の振り速度が片手剣>斧なので、手数を稼ぐためです。

こうして見ていただければお分かりかと思いますが、
アルプⅢはノクス戦での壁役を最大の目標としてキャラメイクしています。
チャルやろっくん、それに檸檬がノクス戦の壁をやってくれましたが、
その中での良かった点や改善点をフィードバックさせる形で
アルプⅢの構成を考えてみました。

そうして、先日のダクルラ戦で実戦投入してみた結果、
2次スキルゲージを貯めるための攻撃回数が不足していると気づきました。
護りの心得を使用していたのですが、1分間の効果時間の間に、
攻撃ミスも含めると、6回の攻撃が確保できなかったのです。
4代目でスキルゲージも8枠しかない上、ゲージが貯まらないと
威嚇を使うこともできないし、結果的にどんどんゲージが減っていくことになります。

これはまずいということで、ダークルーラー戦後、
LUCを下げてAGIを上げ、攻撃速度を早めてみました。
現在では、合計値がAGI82・LUC60となっています。
これでは火力の面で心配ですが、
「壁役はターゲットさえ維持できれば火力は必要ない」という考えから、
ダメージ量によるヘイト上昇はアンガーシールド、アレクD2、
それに威嚇で補えるのではないかと考えています。
攻撃速度を速めることによって、手数も稼げるようになりましたので
当面は、これで試していきたいと考えています。

このように実はかなり理屈っぽい私。
昔から感情より理屈を優先させることが多いので、
チンチンで物事を考えたほうがいいとは思っているのですがね。
先日も女神様から、
「私も相当やけど、あんた私よりたいがいやで」と言われたばかりです。

さ、梔子花が少年期になったらフル装備が可能となるので、
アルプⅢでノクスに挑戦しに行きましょうね!
年度末ですね。
だんだん仕事が忙しくなっている方も多いんじゃないでしょうか。
私も今週から忙しくなってきて残業が多くなりそうです。
まめぞーです。こんばんは。

さて、恒例の自キャラスキルとステータス公開です。
今回はクイファちゃん。
実はこのクイファちゃん、2つの顔を持っています。
それは回避型であるAGI-LUC型と防御型であるVIT-LUC型を
装備によって変えてるんですね。
だいぶ前の抱月さんの時代に、装備によってキャラタイプを
変えたいというお話をしました。
それがクイファによって実現したんです。

今日ご紹介するのは、クイファType:AGI-LUCです。
さっそくステータスから見てまいりましょう。

quifasta.jpg

STR-AGI-LUCの3つで150を確保しています。

quifasoubi.jpg

【装備】
頭:鉄壁のヘルメット 装備回避10
目:眼帯-赤 ○3 AGI3×3 装備回避1
口:ステは足りてるので基本的になんでも 装備回避1
体:祝福のグリフドチュニック ○4 AGI3×4 装備回避16
腕:魔のグリフドスリーブ ○2 LUC3×2 装備回避10
足:格闘服下 ○4 AGI3×4 装備回避12
靴:アサシンズサバトン ○1 LUC3×1 装備回避6
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+30 DEX+25 AGI+25 LUC+15
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 AGI+25 VIT+25
アクセサリ:ブリュンヒルデの指輪 STR+25 DEX+25 VIT+25 LUC+25
アクセサリ:精錬された葡萄の宝珠 ALL+6 装備回避10
背中:羽 装備回避7
盾:スモールマナシールド 装備回避12

装備防御 404(防御スキル105%)
装備回避 95

【スキル】
斧:130%
弓:100% (110%の予定)
地真言:40%
光真言:15%
氷真言:10%
防御:105%
魔法抵抗(対攻撃):80%
奥義:100%

いやー、格闘服からのぞく生足が何とも言えず艶かしいですね!
祝福のグリフドと合わせたらいい感じなのが結構お気に入りです。
やはりステータスや回避を確保するといっても見た目は大事。
スカートをはかせて戦闘するのが初めてなのでかなり新鮮です。
○4のわりには、チュニックも格闘服もかなり安く手に入りました。
ラッキーでしたね。

私もとうとうブリュンヒルデの指輪を3個も作ってしまいましたよ。
1年近く使い続けていた抱月さんの魂片が100以上あったので作っちゃいました。
他の人の参考になればと思って、色々と公開してきましたが、
もうここまできたらやはり長年やってる人しか集めれませんよね。

色々とお話をうかがってみますと、現在の回避型の主流は
装備回避150とか160まで上げているそうですね。
でも、私はあえて装備回避95にしています。
理由は、マディムまで回避できれば十分だから。

念願のマンティコアタイマン撃破を達成したということもあり、
先代の抱月でもう十分に回避型は楽しみました。
(そのときの記事はコチラコチラ。)
私の場合、回避型はソロ活動メインでやるときのキャラタイプだったんですね。

なので、クイファType:AGI-LUCはソロ仕様なんです。
ソロならばマディムクラスで十分なので装備回避95でとどめています。
やはり抱月の装備回避76と違って楽に回避できますね。
7匹連続でマディムを狩っても被弾数0で倒せます。
もちろんこれは、暗闇付与の注射器を使っているからですが、
これがなくても7匹で被弾数2~3くらい。
実用レベルと言えるんじゃないでしょうか。

あとは、素材集めなどでも回避型がいいんですよね。
攻撃が早くて乱獲が可能ですし、装備も痛みません。
ステータスジェム集めなんかにも重宝しています。

それにこれは今から回避型を目指そうとする人には
あまりいい話ではありませんが、私としては回避型の限界は低いと考えています。
装備回避が高い上に、さらに防御力も高いハイブリッドのキャラタイプなら
もっと上のレベルを目指すことができると思いますが、
抱月(もちろんクイファも)のように、回避だけの性能しかないキャラは
それがクイファ以上の回避力があったとしても、
洞や2層といった上級ダンジョンでは、生き残るのが難しいかもしれません。

私はもちろん、回避型がダメだと言っているわけではありません。
避けなければ死ぬあの * doki doki * 感は
回避型しか味わうことはできないでしょう。
ただそれが上級ダンジョンでのPT戦で「決して死なない」、
「全滅しない」ことを前提として戦術を組み立てる場合は、話は別だと考えています。
特に2層の場合は、行き来するだけでも非常に時間と労力を必要とします。
それを考えたとき、生き残ることを最優先したキャラメイクが
必要になってくるのではないでしょうか。

これは玉蓮のときにも書きましたが、キャラメイクは
これからの戦いに合わせて変化していくことが必要となってきます。
そのために玉蓮をVIT型の魔法使いに変えたように、
私の中での戦士像もまた回避より防御を重んじるようになってきました。
後衛の玉蓮は「全滅させない」という責任もありますし、
前衛のクイファもまた「全滅する要素を減らす」という責任があります。
それはギルマスとして、「PTメンバーを無事に街に送り届ける」という
責任も入っているのかもしれません。
そういった意味でも、私にとって回避型というのはソロ活動用なんですね。

このような考えの下で生まれたのがクイファType:VIT-LUCです。
次回はこちらのキャラタイプのご紹介をしたいと思います。

しかし、誤解を受けないよう言葉を選んで慎重に書いてみたら
えらい時間がかかってしんどいですね。
やっぱりこないだの生茶ネタのように、チンチンの話が1番楽です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。