上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まめ祭りでかなりモチベーションアップしてるのに、
大阪から帰ってきた途端、いろんな仕事が舞い込んできて、
もうかなりやばい状態になってきました。
まめぞーです。こんばんは。
8月まったく乗れないかもしれない・・・。

さて、ちょっとしたきっかけがあってペダルが欲しくなりました。
今使ってるのが、エコーのTRペダルプラットフォーム

04_201308020041487c1.jpg

GDRさんから拝借

これどうも私の足には大きい感じなんですよね。
靴のサイズは25センチしかありませんし。

なので、小さいサイズのペダルがないかなーと探しています。
エコーTRが幅 : 100mm、前後長 : 99mmらしく、
できれば幅は同じくらいで、前後長が短いのがいいのです。
フラットペダル(ピンタイプ)が食いつきが良くて好きです。

bsm_286-epdmx80_20130802004636172.jpeg

このシマノのセイント(PD-MX80)はいいんじゃないの?って思うのですが。
少し小さいみたいだし、お手ごろ価格だし。

どなたかオススメのペダルがありましたら、教えてくださいー。

スポンサーサイト
最近、ほとんど更新してませんね。
仕事は少し落ち着いてきたので、
暇をみつけては乗りたいです。
まめぞーです。こんばんは。

2週間前に乗ってきた動画をうpします。



まめ祭り以来、ホップ系など確実に前に進む方法を練習しようと思ってます。
昨日も4時間近くオットピ系を練習してきました。

このところ思うのですが、オットピでホイールベース分無理に飛ばそうとして
かえってバランスを崩してしまうことが多い。
自分の体は飛んでないのに、距離をかせごうと体の前に自転車を出す。
これ逆のはず。
体が飛んで、自転車を後から連れてくるのが正だと思う。
このせいで、バランス崩してるのが多いと思ってます。

なので、ホイールベース分飛ばすのはしばらくやめにします。
確実に半分の距離を進めることを意識するようにしてみます。
それと今まで飛ばすことばっかり気にして
着地は単に落ちるだけだったのを、
着地のときには、飛ぶ前の姿勢になってることを目標に。

そういやダニ跳びとか突き出しでも着地のこと意識したことなかったなー。
高く遠く跳ぶばっかりで、着地は落ちるだけだった。
そりゃバランス取れないはずだな。

明日からお盆ですねー。
九州は長崎のお盆は、夕方から夜にかけて
お墓で提灯を灯し、花火をして過ごします。
これも長崎限定とか知らんかったわ。
まめぞーです。こんばんは。

今回はVブレーキについてのあれこれ。
つらつらVブレーキの思い出を語る第1弾です。

先日のまめ祭りの際、おにきちさんとお話していて、
Vブレーキが滑るので、ぎゅーっと力を入れちゃうし、
それで力んでライディングに支障が出ると2人で頷きあいました。

VOXで、しかもメカディスクに換えてから、ほぼ悩みはなくなりましたが
私もたいがいVブレーキには悩まされましたから、
おにきちさんの気持ちが非常に分かります。

まず、私のMONTY219ALPのVブレーキが最終的にこんな感じでした。

ブレーキレバー DeoreXT BL-M740
ブレーキ本体 F: DeoreLX BR-T660 R: DeoreLX BR-T660
ブレーキワイヤー Unexウルトラケーブル
ブレーキシュー F:カタヤマウレタンシュー
R:ファットなんとか(青くて5,000円くらいしたやつ販売中止?)
ブレーキブースター リアのみ Fullmark Vブレーキ用ブースター

昨年、GDRさんを訪問したときVブレーキについて言われたのが、
ディスクにせよVにせよ、油分は天敵」ってこと。
いやー、セッティングはしてたけど、リムもシューもすごく汚れたまま乗ってました。
シューの接触面なんて真っ黒でしたからね。
チェーンの潤滑剤とか飛び散らかしてたし、リムにかかっても気にしなかったり・・・。

んでねー、ブレーキワイヤーの引きを良くしようとして、
ワイヤーとアウターの中に潤滑油入れてシュコシュコして、
そのまんまつけてたら、潤滑油が漏れ出てきて、
シューとリムについてたってのもあったな。
今思えばありえんだろ、こんな話!

ということで、まずVブレーキに必要なものは洗車!

汚れてたら効かない、滑るってことを意識するといいかもです。
私みたいに潤滑油とかAトランとかベタベタリムにくっついたままじゃダメ。
洗車してもしっかりリムまで見てなかったしなー。
たぶん、油分飛ばすのに、リムも洗車後はバーナーであぶったほうがいい。
ホームセンターなんかで2千円くらいで売ってたので、ディスクは焼いてます。

続いてが、ブレーキシューの話になるのですけど、
これ何が1番気になるかって、ブレーキシューはお高い!
1組5千円とかザラなので、おいそれと試すわけには行きませんしね。

その点、カタヤマさんのブレーキシューは本体も安いし、
交換用のウレタンも安かったしで、いいのですが、
ウレタンが台座からはがれたりしたので接着がナーバスになったりしたなぁ。
「速効性」とか書いたアロンアルファ使ったら全然つかんし。
なんども張り直したわ。

結局、効きを求めてファットなんとかにしたけど、
今思えば、洗車とかもしてない中でなんだかなーって感じ。
このシューの接着はノーマルアロンアルファを使いました。
接着についてはバッチリ。

台座とシューが少しでも離れてたら、その分だけ力逃げますから
しっかりバッチリつける必要がありますね。

なんか俺だけだよ!こんなの!ってのも多そう。
最初だったし、1人だったからVブレーキのセッティングは
すんごい手探り状態だったですね。
この辺を雑談風味に記事にしていこうかと思ってます。
メカ的なところはまた今度。

怒涛のお盆が終わりました。
こちらでは、お墓に行くのが何よりも優先されるので
両家のお墓に行って、その後、食事もしてと意外と忙しいのです。
まめぞーです。こんばんは。

16日はお休みをいただいて3連休を過ごしています。
かなり充実した練習ができてますよ。

8月の頭にペダルの小さいのが欲しいという記事を書きました。
そこで、シマノのフラットペダル「SAINT」を購入してみたのです。

saint.jpg

小ぶりとの記事があったのですが、踏み面の大きさは
今まで付けていたエコーのTRと同じ感じでした。
踏んだ感覚は、軸にピンがついてる分、よさそうでしたが、
食いつきの感覚はエコーのほうが食いつく感じ。

うーん、どうもしっくりこない。
ペダルについて、ずっと違和感を感じていたのが、
軸を母子球で踏みたいのに、ペダルが大きくて、
足が離れる感じがするので、どうしても軸の前を踏まざるを得なかったんです。

元々、ペダルってどれも同じ大きさみたいなので、
こんなもんなんだろうと気にもしてなかったのですが、
自分の靴のサイズが25cmと小さいこともあって、
やっぱペダルのほうが大きいんじゃ?って思ったんですね。
きっかけは、GDRさんのこの一文が非常に気になったこと。

で、せっかくSAINT買ったのにもったいないなーって思ったけど、
ふと試しに持ってたVPのダブルケージペダルの外側のケージを外して使ったんです。
(普通は、外側を使うんでしょうけど・・・)

cagepedal.jpg

こんな感じ。
踏み面で言えば、前後長6cm 幅8cmになりました。
ちなみにエコーTRとSAINTは前後長9cm 幅9cmくらい。

いやー、これがもうなんだか分からんけど、バッチリなんです。
ペダルの中心を踏んでる感じで、すごく力が入れやすいし、
外れにくいし、引っ掛けやすいしで、私の足にすごく合うんです。
ちゃんと体重をかけてるのが分かるというか・・・。
おかげですごく気持ち良く乗れるんですよ。

uramen.jpg

裏からの図。
軸がちょうど母子球なんですが、なんか私の足おかしくない?
靴の裏だけ見たら、母子球からつま先までえらい長い気がするよ?

今のところ小さいことによる不具合はないかなぁ。
幅が少し狭いのと、あとちょっと前後長が長くてもいいと思う。
となると、このGrungeのファンディーペダルが良さそう。

靴もそうだけど、バイクと体をつなぐ部分ってすごく大事なんですね。

見ないフリして手をつけてなかった事務に
いよいよ追い込まれようとしております。
また残業になるな・・・
まめぞーです。こんばんは。
娘と遊べないのがつらいわぁ。

さて、最近では自然地形で練習していることのほうが多いです。
相変わらず何にもできませんけどね・・・。
足ついてばっかりなんで、地味すぎて動画撮ってませんでした。



そんな中でもできるようになったのが、
突き出しからのダニ降りと谷渡しのダニ跳び。
もっとビビリを克服したいですね。

そのうちここらへんはひょいひょーいって行けたらいいんでしょうけど。
頑張って通います。

夕べ飲み会でまた二日酔いになりました。
最近、ほんと酒が残るし、記憶がほとんど飛んでるのよね。
まめぞーです。こんばんは。

さて、本日は緊急大捜査「まめぞーの拇指球を追え!」と題して、
数々の疑問が寄せられている私の拇指球を調べてみたいと思います。

まずは、こちらが私の素足。

bosikyu1.jpg

レンチを乗せてるところが、いつもペダルを踏んでる場所。
そんなに変じゃないでしょ?拇指球でしょ?

で、こちらが問題のハイパーV。

bosikyu2.jpg

う・・・ん?

やっぱりみなさんがご指摘するように、
このシューズだとケージの前の部分が拇指球って言われるのも分かる。
実はここが拇指球なのです!

このハイパーVは25.5cmで、だんだん伸びて大きくなったので
中敷を敷いて履いています。
この靴じゃまだ私に大きいのかな?ということは24cmでピッタリとか?

bosikyu3.jpg

ちなみにこれは通勤用のミズノのマキシマイザー26.5cm。
これだとちょうどいいようにも見えるし。

というわけで、たぶんご心配には及ばないのかなって感じです。
ハイパーVのせいだということで。

娘がまた風邪引いたんで休んで病院に行きました。
扇風機がいけなかったみたいですわ。
おしっこもらしてるのに、ずっと扇風機当たってたからな・・・。
まめぞーです。こんばんは。
体調管理が難しいわー。

さて、まめ祭りのとき塾長さんから教えていただいた「壁立ちスタンディング」
ペダルを換えたら、突然、できるようになりました。



兵庫の某兄には負けてらんねぇ!
こっちは地味だけどな!

なんでかって言われたら、ほんとペダル換えたからなんですよね。
まず、芯を踏むことで両ペダルへの体重のかけ方がすごくよく分かります。
それでバランス崩したのと反対側へ体重かけてやると修正できる。
大きく言えばこんな感じ。

見てもらうと頭が動いてないのがお分かりかと。
頭を動かしてしまうとそっから崩れてしまうので、腰で操作してます。
腰を使って足の裏からペダルへ体重移動させてるの。

そしてですよ、これができだしてから
足の裏の使い方ってのを意識するとどんどん良くなったのです。

足の裏の「拇指球を軸に乗せる」というのを、
今までは拇指球1点に体重かけがちだったんですよ。
それ、よく考えると自分で三角形の頂点に
乗ってるような状態にしてたって気づいたんです。
せっかくペダルは幅があるんだから、拇指球から小指側をフルに使って、
面でペダルを捕らえるような感じで体重掛けたら安定するんですよ。

で、動画でもあるようにすんごい腰動かして体重移動させてるのが、
慣れてきたら、ペダルに体重かけるって膝開くだけでもできちゃうんです。
動きが自分でもコンパクトになってるなーって分かります。

こう書くと、すんごいできる人っぽいと思われますが、
最高のパフォーマンス発揮できたときの状態ですから。
これがなかなかまだそこまで持っていくことができません。

常にこれを意識して乗れたら最高なんでしょうけどねー。
自然地形とか少しでもガッチガチになると無理。
ただ、上達への大きな突破口は開いたような気分です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。