上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日からまた長崎出張です。
なんかほんと出張多いわ。
まめぞーです。こんばんは。
また太るな。

さて、ブレない上半身を作る第2段はキャットウォークです。
一本橋練習で体幹をしっかり保ち、上半身を動かさない乗り方を
ある程度習熟させた後、次はその状態のままフロントを上げても
頭の位置を動かさないようにするため、キャットウォーク練習に着手しました。



イメージ的には、動く自転車に合わせて
体が遅れないように常に一定の位置に保つことで
まくれるのを防ぎつつ、前に進むといったところでしょうか。
この練習のおかげで第3弾のステア練習につながりました。

ただ、動画のこの状態では進むスピードが上がるにつれて、
漕ぎによるトルクがかけられないようになり、
思いっきり漕いでもフロントアップを維持できません。

これには、おべさんからバランス幅の前側で乗ってると速くなりやすいから
後ろ側にすると良いというアドバイスをいただきました。
先日色々と試してみると、後ろ側に重心をもっていこうとして、
上体を起こすとすぐにまくれて維持できません。
車体を少し起こして、体の位置は変えないようにすると
一定の速度を維持することがやりやすい感じです。
このまま検証を続けてみます。

少し思ったのはキャットを維持するにはこの乗り方で良いのでしょうけど、
ステアなどのフロントアップに使うには、バランス幅の前側で乗ったほうが
良いんじゃないかなと考えています。

この練習のおかげで以前にも増してフロントアップの安定感が
当社比10倍くらい良いです。
そのおかげでステアが上達できました。

スポンサーサイト
今日はやたらとうんこが出たんですよ。
午前中3、4回行ったのに毎回同じ量が出るのにびっくり。
よっぽど食べ過ぎたのかな?
まめぞーです。こんばんは。

一本橋とキャットウォークを習熟させて、次はステア練習です。



ブレない上半身作ることができたのか、ステア80cmクリア。しかもリアドンなし。

まくれないようにフロントの上がりを上半身で押さえる感じです。
リアドンするのは、伸び上がったときまくれてしまって、
リアが先に進んでいるせいで壁にぶつかっているのだと考えました。

フロントを上げてから上半身をブレさせずに、
伸び上がりのときも、その状態からそのまま前に伸びる。
動画最後の試行は、上方向に伸びてるので、まくれてリアドンしています。

まくれると力が逃げてしまうので、まくれないように伸びる。
どうもこれがカギを握っている気がするのです。

台風通過中です。
暴風域には入ってるようですが、思ってたよりはという印象。
鹿児島、宮崎が大変そうですね。
まめぞーです。こんにちは。

さて、今回は苦手な回転系練習。



ジャックナイフターンはだいぶマシになりましたが、
フロントターンがすっごい苦手です。
動きがギクシャクしてしまって、どう動いていいのやら。

360度回りたいなぁ。

こう暑かったり寒かったりすると風邪引きます。
ここ数日、鼻水とかひどい。
まめぞーです。こんばんは。

同じ日に撮った動画ばかりで申し訳ありませんが、
今回はウィリージャンプ練習でございます。

ステア練習をしている時に思ったのですが、
伸び上がったときに、まくれてしまうとリアドンしてしまっていました。
ここで言う「まくれ」とは、後ろに倒れるという意味よりも、
リアが勝手に前に進んでしまうという意味で使ってます。

伸び上がりのとき、どちらかといえば後ろに反り気味に伸びるとまくれます。
まくれを抑えるためには、上半身の角度を固定したまま、
その同じ角度で伸び上がるといい感じでした。
ただ、フロントの上がる量が多いと、その分、この角度に余裕がなくなります。

それで、ふと思いついて、ものすごく久々にウィリージャンプの練習をやってみました。



だいたい60cmくらいの高さです。
以前はこの高さで離陸しようとすると、リアが先に前に走っていってしまい、
まともに跳ぶこともできなかったのが、上手くいっています。
距離感が分からずに、段差まで届いてないですけどね。

これ以降、別の日にウィリージャンプやってみると、65くらいまではいけました。
まだいけそうな予感は少ししています。
「まくれを抑えて跳ぶ」というのが今のところ機能しているようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。