上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝からいいお天気でしたー。
お掃除したり、お墓参りに行ったり、かなりアクティブに活動しましたよ。
まめぞーです。こんばんは。
もちろん、トライアルの練習も!

トライアル用の自転車って1番何に気を使うかというと
みなさん、ブレーキだと思うんですよ。
これが効くか、効かないかで全然、違ってきますよね。
効かないと怖くて乗れませんし。

私のMONTY219ALPは元々テクトロのVブレーキが付いていましたが、
これが全く効かないため、シマノのDeore XTに交換していました。
今のXTではなく、前の型でパラレルリンクが採用されていたやつです。
ただ、ブレーキシューはタイオガの普通のMTB用を付けていたんですね。

ダニエルの練習には、がっちり効くブレーキが必須です。
そんな中、ウレタンシューが効くとの情報を入手しましたので、
カタヤマサイクルさんのウレタンシューを購入してみました。

uretansyu.jpg

これがめっちゃ効きます。
人差し指1本で驚くほどの制動力を発揮してくれました。
リムのサンディングがとれかかっているためか、鳴きは全くありません。
やっぱりトライアルをするときは、人差し指ブレーキを指1本で握って
ハンドルを操作するほうが体を上手く使えると思うんですよ。
これならもっと早く換えておくべきでしたよ。

ただ、1つ問題がありまして、Deore XTでは
リアタイヤとブレーキワイヤーとの間のクリアランスが取れないんです。

brake3.jpg

今まではブレーキシューに付属しているスペーサーをやりくりして
なんとかわずかでも隙間を確保していたのですが、
カタヤマサイクルさんのウレタンシューは、今まで使っていたブレーキシューより
厚みが厚く、今まで以上にクリアランスを取ることが困難になったんです。
(スペーサー無しでシュー台座だけつけた場合はギリギリ確保できました)

それでまたブレーキで色々と悩んだ挙句、
シマノのお客様サービスセンターに電話することに。
上記の症状を訴え、なんとかクリアできる商品はないか尋ねたところ、
まず商品を買う前にスペーサーの入れ替えとかは試したのか聞いてくれました。
色んなことを試した結果ダメだったことを伝えると、
Deore LXがいいんじゃないかとアドバイスをいただきました。

XTに比べ、LXは全長が4mm長いため、クリアランスが取り易いだろうとのこと。
結果・・・。

Deorelx.jpg

ビンゴーーーー!!!
スペーサーをつけた状態でもばっちりクリアランスが取れましたよ!!!
シマノの担当者さんありがとう!!!
この人、他にも色々と調べてくれたりして、すごいいい人だったー!

他にも、ブレーキで悩んでいた際、参考にしたこちらのページに
掲載してあったUnexのウルトラケーブルも購入。

cbb012.jpg

アウターが固く、取り回しがなかなか苦労しましたがなんとか収まりました。
付属していたキャップみたいなのの使い方がよく分かりませんでしたが、
おそらくこう使うだろうとブレーキレバーとの間に噛ませてみたりしました。

ultracable.jpg

こんな感じに。
ウルトラケーブルは何がいいのかがイマイチよく分からないままに購入。
でも、ウレタンシュー+ウルトラケーブルは
今までのが嘘のようにブレーキが効きまくります。
操作がすごく楽になり、余計な力を入れなくて良いんです。
(実はこれってすごい大事なことかも)

今回の買い物でブレーキが良かったのはもちろんなのですが、
1番良かったのはカタヤマさんでついでに買ったスタンドかもしれません。
メンテナンスがすんごい楽になったわー。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1118-f4fe296d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。