上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやーいいお天気でしたね!
ものっすごい快晴と爽やかな風でとても良い1日でした。
まめぞーです。こんばんは。

今日はお魚教室で子ども達に魚の捌き方を教えてきました。
小学校、中学校、高校と今年度はすでに5校くらい回っております。

やはり今の子ども達は魚離れが進んでいるようで、
普段からあまり魚を食べないという子が増えているようです。
そんな子達に「魚はおいしい」と思ってもらって、
どんどん魚を買ってもらうという活動を漁師さんと一緒になってやってます。

そもそも包丁を使ったことがないという子もいますし、
普段からお手伝いで料理をしたりするという子もいますが、
なかなか最初から上手にさばくことはできません。
アジやイサキなどを3枚におろすやり方を主に教えるのですが、
骨にたくさん身が残っている子がほとんどです。

確かに子どもの頃って魚なんて捌いたことなかったですからね。
私も大人になって本格的に釣りを始めてから、
見よう見まねでできるようになってました。
もちろん最初は骨にいっぱい身が残っていて猫が喜んだものです。

2011072412300000.jpg

今ではカツオでもちょちょいと捌けるようになりました。
ただ、この包丁が全然、ダメなの!
柄から歯は抜けるし、少し小さいし、先は折れてるしと
包丁としての機能が全く使えません。
以前は冬場のクロと夏場のキスがメインでしたが、
最近では、1年通して魚料理をする機会も増えたので、
少し値は張っても、出刃包丁と刺身用の柳刃包丁の
良物を買いたいと思っているところです。

みなさんは魚を正しくさばけますか?
うちの家内も魚は一切捌けません。
刺身なんかもスーパーで買ってきたのは、
水で洗いすぎていて魚本来の味がしないことも多いので、
自分でやるともっとおいしいお刺身が食べれますよ。

確かに内臓やウロコの処理や、生臭さが残るというのが
魚に対して敷居を高くしているのも事実です。

しかし、みなさん!
はるか太古の昔から、あのカリスマ性をもった宗教家も
こんな素晴らしいお言葉を残してますので、
魚食普及、ひいては水産業の発展のために、魚は正しくさばきましょう。

20110530151845ec2.gif

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1256-ddb429cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。