上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は土日ともに娘の子守でした。
また壮絶なメガネ争奪戦を繰り広げておりましたよ。
まめぞーです。こんばんは。

さて、平原綾香さんの「Jupiter」に代表されるように、
クラッシックの名曲と現代音楽の融合はいつも我々を楽しませてくれます。
こうした曲は編曲の妙と言うべき名曲が多いですよね。

今日はそんな絶妙な編曲により全く違和感を感じさせない名曲のご紹介。



それが「忍者ハットリくん FC」だーーーーー!!!

いや、これ最近、バルーンファイトの動画探している時、気づいたんですよ。
この動画のコメントに書いてるのを見て、「え?ウソ?マジだーーーー!!!」って。

ビゼー「アルルの女」→オッフェンバック「天国と地獄」→ハットリくんテーマ

この曲、ほんとにすごいわ。
全く違和感なく仕上がってますよね。

このサイトによれば、

その名の通りメインとなるステージで流れるBGMで、
ビゼーの「アルルの女」+忍者ハットリくんの主題歌+オッフェンバックの「天国と地獄」というクラシックとアニメ主題歌を繋げた特異な曲となっている。
詳しく書くと最初に「アルルの女 第2組曲 メヌエット」が流れて次に主題歌のサビの「ござーるござるよハットリくんは~」が流れ、
間髪入れずにカステラ一番電話は二番で有名な「天国と地獄」が流れ、最後に主題歌の「忍者でごーざーるー」で締め。

これには著作権の関係のためハットリくんの主題歌は2小節しか使えず、他の部分をクラシックで穴埋めしたという説がある。
作曲者曰く思いつきと勢いだけで作曲したというが、聴いてみると非常に自然な形で曲が繋がっているので、結構人気のある曲である。



らしい。
作者のページはコチラ

小学生の頃はハットリくんのテーマって完全にコレだって思ってたものなぁ。
アレンジしただけだって。
それにしても完成度が高すぎる、素晴らしい名曲なことは間違いないですね。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1273-8fccffda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。