上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は暖かかったですね。
漁師さんがやってるカキ祭りに行ってきました。
カキ食べ放題で1,500円はお得だと思います。
きーたんがいるのでその場では食べれず、持ち帰り1キロ500円を買ってきました。
まめぞーです。こんばんは。
11個くらい入ってたし、かなりおいしかった!

さて、以前「ブレーキセッティングの最終形!?」という記事を書きましたが、
色々とまだ気になるところは残っていました。

それがVブレーキヌードル
ブレーキワイヤーの向きを変えるパーツで、
ヌードル、バナナ、リードパイプなどと呼ばれているようです。
余談ですが、自転車のパーツってメーカーごととかで呼び名が違ったりして
商品検索するときやりにくいよなぁ。統一して欲しいときがありますよね。

noodle.jpg

せっかくUnexのウルトラケーブルを使って
アウターケーブルの剛性を上げているというのに、
どうもこのヌードルとの兼ね合いが悪いんじゃないかと思っていました。
手持ちのヌードルでは、アウターとの径が合わなかったり、
アウターケーブルのほうが剛性が強く、ヌードルの接合部が壊れたりしていました。
これだと「力をしっかりブレーキシューまで伝える」という
Unexウルトラケーブルのメリットを殺してしまっているんですよね。

そこで見つけたのが、DIA-COMPE(ダイアコンペ)のオープンリードパイプ!
これはアウターケーブルをそのままヌードルとして使える画期的な商品です。

openread1.jpg

こちらがフロント。

openread2.jpg

こちらがリア。

これは素晴らしい!!!
このオープンリードパイプだとUnexウルトラケーブルの特性を完全に発揮できます!
今まで以上にがっちりしたタッチに変わりました。

これを購入したついでに、新しいUnexウルトラケーブルを購入し、
ブレーキの取り回しもしっかり考慮に入れながら取り付けました。
実は初めて買った前回は、持ってたワイヤーカッターでは上手に切れず、
新たにアマゾンでワイヤーカッターも購入しました。

41FtUNAA300.jpg

これが1,000円とかなり安かったのですが、抜群の切れ味を見せてくれました。
中心のワイヤーが通る部分もつぶれず、すぱっと切れます。

さらに買ったのが、ディスプレイスタンド。

openread3.jpg

ミノウラのDS-110Rで、タイヤ自体を挟み込む方式のスタンドです。
これなんと!ダニエルやマニュアルの練習もできるそうですよ!
手持ちのDS-30と合わせて作業効率も格段にアップしました。

いやー、オープンリードパイプいいですねー。
残念なことにもう135°しか生産していないようなのですが、
通常のリードパイプと同様に90°や105°も作って欲しいですね。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1315-62760251
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。