上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は土日ともに子守り。
1日中きーたんのお世話をするのも堂に入ったものです。
まめぞーです。こんばんは。
全然、苦にならないわー。

さて、前回好評を博した最強のオムツ決定戦に続く子育てに関するエントリー。
きーたんの可愛さをアピールするだけでなく、
お役立ち情報を書こうと思ったのは、
私の周りで新米パパママが続々誕生しているからです。
職場でも男性職員から何を買ったらいいの?と聞かれることが多くなりました。

子育てグッズって色々ありますよね。やはり最初は何をかっていいか分からないもの。
そういった何が必要なの!?という声を受けて、
今回はまめぞー家で役に立った乳幼児期子育てグッズのご紹介をします。

No.1 ベビーベッド
自分の布団に寝せるので、実は赤ちゃんを寝せるのにはあまり使わないベビーベッド。
じゃあ何に使うのかって?うちは今、「石油ファンヒーターの柵」に使ってます。

このように「物置的」に使うほうが多いですね。
キャスター付きのベビーベッドなので、
掃除のとき床に置いた物をとりあえず全部突っ込んで掃除機をかけます。
ベビーベッドを移動させながら、部屋から部屋へとお掃除。
掃除機をかけている間は、家内が娘をお外に連れていきます。
まだ首が座っていない時期には、赤ちゃんを寝せて掃除機かけてました。
掃除機の排気が当たらないような位置にベビーベッドを置いてね。

大きくなるにつれて、本来、赤ちゃんを寝せるという役割が薄れてきます。
なので買わずにレンタルするのが1番いいかもしれません。
うちの市では、ちょうど娘が生まれる直前から、
ベビーベッドの最長1年無料レンタル制度が始まったので利用しました。

No.2 ベビーバス
これもレンタルのほうがいいグッズの1つ。
うちの市でも最長半年無料レンタルがあり、利用しました。
首が座ってハイハイするようになると通常の湯船に一緒に入るようになるからです。
あんな大きいものをいつまでも風呂に置いておくのは邪魔。

ただ、それくらいの時期になるまでは確実に必要です。
ちなみにうちでは、基本的に病院で紹介された沐浴剤「スキナベーブ」を使っており、
頭皮の乳幼児性湿疹(皮脂)が出たときだけ、ベビー石鹸で洗っていました。

No.3 70℃保温設定ができる電気ポット
これは絶対買っておくべき!ちょー便利。
ミルクを作るときに使うので、完全母乳で育てる場合はいりません。
いったん沸騰した後、70℃で保温するポットなので、
ミルクを作るとき、いちいちヤカンで沸かす必要がなく、さっと作れます。

赤ちゃんが泣いているときに、沸かして冷ますなんて、
そんな悠長に待ってる暇はありませんよね。
この電気ポットがあれば常にミルクに必要な温度のお湯が使えるので非常に便利。
まめぞー家では、このお湯で湯冷ましも一緒に作っておき、
ミルクを作るときにはポットからお湯を入れ、湯冷ましで温度調整します。
これだと哺乳瓶を流水で冷やす時間もいりませんから。

ミルクは明治ほほえみ
粉タイプの缶がお得だけど、キューブタイプもお出かけとか便利だから使い分けてね。

No.4 搾乳機
おっさんが使うんじゃないからネ!
うちの嫁が搾乳機ちょー便利って言うてました。
家内は産休が後8週でしたので、2ヶ月ちょいで職場に復帰しました。
帰ってくる時間には、乳がパンパンに張ってましたし、
赤ちゃんも最初は「おっぱいを吸う」ことが下手なんです。
なので飲んでくれないことが多々あったため、搾乳していました。

ちなみに製品はMedela(メデラ)の電動搾乳機スイング
あ、言っとくけど、おっさん試しに使ってみたとかは決して無いからな。

No.5 ベビー用体重計
これも無料レンタルがあったから借りました。
10g単位で計れる体重計で、1週間ごとに量ってました。
最初は娘がすごく小さくて成長曲線の下のほうで心配したのに、
何故か一気にでかくなったのには驚きです。
首が座るまでの間しか使いませんでしたが、
最初は成長の具合が非常に心配ですのであると便利だと思います。

No.6 実用性の高い服
これにも書きましたが、可愛い高い服とかいらないから!
もらっても、もったいないからってとってたら着れなくなった服が多数・・・。

服は特に最初のうちは絶対に「前開き」のほうがいいです。
私達の服のような頭からかぶって袖を通すとかはかなり着せにくいですからねー。
首が座る前もそうだし、動くようになったら暴れるしで大変。
肌着はベルメゾンのコンビ肌着ってやつを最初に買ったかなぁ。
アレルギーの刺激にならないよう縫い目が外側についてるヤツもありますね。

No.7 ベビーバギー
ベビーバギー(西松屋の安いの)はあるけどすぐ乗らなくなりました。
首が座った5ヶ月頃から乗せ始めたかな?
すぐ抱っこをせがむんですよねー。なので高いものを買わなくて良かったです。
商品自体は安いけど、かなり良いものでしたよ。
耐久性は高いし、4キロと軽いし、ベビーバギーとしては十分な性能です。
ベルトが固く感じるけど、コツをつかめばあっさり着脱できます。


うーん、ひとまずこんなものでしょうか。
鼻水トッテとか哺乳瓶とか細かいものを上げだしたらまだまだありますけどね。
1番のポイントはやっぱり「実用性」だと思います。
絵柄が可愛いとか、オシャレとかは二の次。
初めてで大変なのに、わざわざ実用性のないグッズとか
余計な労力を使ってしまうだけじゃないかと思います。
もちろん、可愛いほうが精神的なストレスを
軽減してくれるというのはあるんでしょうけどね。
私と家内の場合はこうですよってことですので、参考になれば幸いです。

ただ、言っちゃなんだが、親や親戚が「これ可愛いから!」って買ってきたり、
送ってきたりする服やおもちゃって結構、使えねぇってのが多いんだよな・・・。
暴れる娘にわざわざ着せにくい服を着せて写真撮って
送ってくれた親戚にお礼メールに添付とかってちょっと、ね。

ま、色々あるからその辺も覚悟しておいたほうがいいかもねーと
「子育て」より実はそっちのほうがめんどくさいよと経験者からのアドバイス。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1319-b99fca75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。