上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べは漁師さんとの飲み会でした。
焼酎の生を何度も飲まされて大変でしたよ。
まめぞーです。こんばんは。
それほどひどい二日酔いにならなかったのが幸いでした。

さて、またまたハンドルを換えてみました!
実は胆石手術の保険金が意外とガッポリ儲かったので物欲が出てきたのです。
そしたらいいタイミングでGDRさんに新製品が出てるじゃありませんか!

それがFullMarksの「 Hip Hung 」です。
欲しいなと思っていたMOEバーが既に売り切れのためあきらめていたのですが、
今回FullMarksブランドとして再販したとのこと。

曲がりすぎてなくて、フラット過ぎなくて、ニュートラルな使い心地。
スタンディングの時も、ハンドルを押し出した時も、ハンドルバーに上半身をかぶせた時も、手首や肘に負担がかかりにくく、かつ違和感無く使える 浅めの曲げ加工とほどよいライズ。
全ての状況で日本人が使いやすい事を考えて作ったハンドルです。



と言われたら、そりゃ迷わず買っちゃうに決まってるじゃないですか!

handlekoukan.jpg

これで3本のハンドルが揃ったことになります。
1番上はMonty219Alp純正のハンドルバー、真ん中が今回のHipHung、
3本目が今までつけていたTRIALTECHのストレートバーです。

つけてみた感想は・・・
まず1番に感じたのはチンステが非常にやりやすくなったこと。
引きつけが自然にできるようになった気がします。
反対に操作性は重くなった感じ。
ストレートハンドルに比べてフロントアップなどが同じ体重移動ではできないですね。

このチンステ効果はダニエルなどではっきりと出ました。
やっぱり買ってよかったな!と非常に満足です。
次回はその検証動画をお送りします。
お楽しみに!

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1354-5846eb5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。