上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もいいお天気でしたねー。
娘と家内がお出かけした隙を見て練習しました。
まめぞーです。こんばんは。

今日は突き出しをメインに練習。
フォームを抜本的に見直してみました。



まずは、「おじぎをするって?」から始めて、
寺井さんや、宮岡さん、アフロさんたちの動画を見まくって
フォームを一から考えてみました。
それで、「おじぎ」のやり方を変えてみようと思い立ったのです。

今までのやり方でも自分では「おじぎ」だろうと思ってたんです。
自転車の上だとこういうやり方になるだろうって。
それを、「起立、気をつけ、礼」のあのおじぎの仕方をやってみようと考えました。

こうしてみると、まず問題になったのが足です。
礼って、まず気をつけの姿勢からするように、足を曲げたままでは
きちんとした礼ができないんですよね。
ここが今日のポイントだと自分では思ってますが、自転車の上で
しっかりヒザを伸ばして立ってみました。

最初は非常にこれが戸惑いました。
今までのフォームを見ていただくとおり、
セットでは常に足は曲がったままでしたから。

おそるおそるヒザを入れて、しっかり真っ直ぐ立ってみると、
なんだか自分の足が短くなったようで、ペダルにしっかり足が届かない感じ。
このとき、ペダルを水平位置から3~4ノッチ上に上げてやると、
カカトも下がり、ヒザがしっかり伸びた状態で立てました。

この状態から、「気をつけ、礼」
腕は上半身が下がってくるのをなるべく邪魔しないように力を抜いて曲げる。
まだ動画では慣れていないもので、かなりガチガチですけどね。

そして上半身を起こすことで、しっかり跳べました。
跳んだ後は、自分の前に自転車を送り出すことを意識。
これが正解かどうかはまだ分かりませんが、
跳ぶ瞬間、足の裏にダイレクトに地面の感覚が伝わる感じがします。

よくよく考えてみれば、普通に立つとき、誰もヒザを曲げて
足腰曲げたまま立たないよね?ってことでしょうか。
自転車の上だろうが、地面の上だろうがそれは同じということで。
となると、今までダニエルなんかもヒザを曲げたままでしたが、
同じ立つということであれば一緒なのかなぁ。

まだ新しいフォームに慣れてなくて戸惑いと、若干の恐怖があります。
慣れてきたら今までできなかった場所でもやってみます。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1509-b474b78a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。