上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの娘は散歩が好きなくせにいつも歩きたがりません。いつも抱っこ。
おかげで15kgを抱えて30分以上歩く羽目になります。
まめぞーです。こんばんは。
なんか色々鍛えられてそうだけど分かんない。

相も変わらずのマニュアル練習です。
進歩しているのやらしていないのやら。



結局、このまくれ耐える-また上げるの部分って
どれくらい動きの許容範囲があるかってことなんでしょうね。
このスイートスポットを大きくしたいと思って、ポジションをいじってるのですが・・・。

○ハンドル高い
・フロント上げやすい
・まくれやすい
・バニホ跳びやすい


○ハンドル低い
・フロント上げにくい
・まくれにくい
・バニホ跳びにくい

○ハンドル遠い
・動きは大きいけどモッサリ。
・(ハンドル低いのと同じ感じにもなる)
・フロント低いバニホ跳びにくい


○ハンドル近い
・動きは小さいけどクイック
・(ハンドル高いのと同じ感じにもなる)
・フロント低くてもある程度跳べる

だいたいこんな感じの挙動になりまする。
とりあえず換えてるのはステムだけ。
ハンドル位置を換えるときは、極力同じ動きをしながら
まずはマニュ上げやってフロントの動きを確認、
次に壁立ちスタンディングをしてどこで安定するかを確認。
ダニジャンとかバニホ、突き出しとかもしてみる。
こんな感じで進めてます。

で、最近思うのですが、

「ハンドル位置をいじった場合、上げやすい⇔上げにくい
動きやすい⇔動きにくいは変わっても、
スイートスポット自身は広がらない?」

やっきになって、いろんなこと試してもハマる場所が狭いんですよ!
体重移動しかないんだと思い始めてます。
おそらく、まくれようとする動きの量に合わせて
膝を前に入れる量を調整して、まくれを抑えつつ継続ってのが理想ではないかと。

これをやろうとしてて、スコン!ってまくれたり、
逆にフロント落ちたりの繰り返しです。
やっぱり20インチでは難しいのかなぁ。

バニホやるときも上げにくいと跳びにくいですし、
まくれにくくしようとフロント上げにくくしても
余計に力入れてフロント上げる勢いでまたまくれるという残念な結果になります。

(当初は、まくれやすいとバニホでハンドル引いたとき、
すこーんとフロント上がって跳べなかったけど、
これはハンドル引く方向で解決しました。
この記事はまた後日、バニホの動画撮ってから)

先週まではステムとハンドル角度だけいじってましたが、
こないだの土曜日に思い切ってハンドル自体も換えたら
すんごく気持ちよく乗れるポジションを発見したので
それが副産物としては良かったかなーと。
無駄ではなかったと信じたい。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/1552-23fbd8ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。