上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒風吹きすさぶ中、3時間以上も外で交通整理してました。
まめぞーです。こんばんは。

昨日、ふと思ったのですが、
私、「ツルモク独身寮」に出てきた田畑と同じ匂いがしてなりません。
ブサイク、モテない、風俗大好きとフューチャーしまくり。
もはや他人とは思えないほど。
何故か昨日、久々に思い出したのです。
10年以上前の漫画ですが、読んだことない方は、この機会に是非。
トレンディドラマ全盛期を彷彿させます。

というわけで、ベルアイルですが、おとといのアップデートから
独身アピールとして、名前の横に花のアイコンが出るようになりました。
hana.jpg
これね。

この、おせっかいおばさんのような仕様は何なんでしょうか。
祖母の法事のとき、親戚中から
「まだ結婚してないの?」と言われたことを思い出し、速攻、OFFにしました。
うるさいんじゃ、ボケーーーー!と叫びたいところを、
笑顔で対応した大人な私。
最近では、私が釣りに行くたびに、
父から「磯には女はおらんのやけどな!」とか
「そら魚も釣れんかったら、女も釣れんわな。」と
グサグサ言われるのが腹立たしいです。

まぁベルアイルと全く関係ない話題になるのは、
いつものことですね。

夕べはジヴちゃんとこに、ものすごい衝撃映像がありましたので、
私も登る!!!とINしてすぐ南銀へ。

1人で南銀の壁に向かっておりますと、
いつの間にやらジヴちゃんの息子ヴォルっち登場。
2人であれこれと、南銀のひさしの上に登る方法を探っておりました。
他の人に、後ろからまじまじと見られてたのが恥ずかしい。

vol3.jpg

勢い余って、壁からはみでるヴォルっち。
突撃しすぎです。
ちなみに、ヴォルっちより、ミンクスが1週間お姉さんです。

鹿ツノなら、もっと飛び出るかも!?と、さっそく着替えるヴォルっち。
壮年期だというのに、いつまでも子供です。

vol4.jpg

刺しすぎ。

buffaro.jpg

ヴォルっちのツノは1千万パワーのこの人よりすごいと思いました。

vol5.jpg

壁の中へと侵入を試みるヴォルっち。
あれですよ。この技で覗きとかしてたら、お姉さん許しませんよ。

kitagin.jpg

北銀でも、延々と壁に向かって登ろうとしましたが無理でした。
子供になっても、ダメです。
周りからは、おかしな子がおると思われていたに違いありません。
結局、30分以上繰り返した後、あきらめました。
いつか絶対に登ってみせます。

frame.jpg

その後は、旧アリアでスキル上げ。
おかげさまでフレイムメイガスになりました。
これで炎スキルは95。
もう少しで、名実ともに灼熱の魔女になれます。


書きながら、ものすごい眠気に襲われています・・・。

Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/165-1c793ff2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。