上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から国公立の2次試験願書受付開始だそうで。
受験生のみなさん、がんばってください。
まめぞーです。こんばんは。
なんて言いながら、全員を落としてでも
プリだけが受かれば良いってのが本音。

受験生、私は13年前ですね。
1995年のことです。
センター試験のあと、インフルエンザにかかり
40度以上の熱を出して、1週間寝込んだりしましたが、
大学は無事、高知大学に入学できました。

みなさん、私の声を、大変褒めてくださって
本当にありがとうございます。
良い声って言われて調子に乗ってるんですけど、
私がものすごく憧れる声の方がいらっしゃいます。

1995年、深夜ラジオと言えば、ピンとくる方もいらっしゃるのでは。
そう、その方の名は城達也。
1995年は、FM東京「ジェットストリーム」を彼が降板した年であり、
そして彼が亡くなった年でもあります。

そんな城さんの声をお聞きください。
画像はちょっとアレですけど。




こっちはちょっと若いのかな。
Youtube版





遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、限りない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく、はてしない光の海を、ゆたかに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。

日本航空があなたにお送りする音楽の定期便ジェットストリーム
皆様の夜間飛行のお供をいたしますパイロットは私、城達也です


私は受験勉強の真っ盛りでした。
ですので、短い期間しか彼の声を聞くことはできなかったのですが
それでもこの番組は毎日のように聞いていました。

午前0時前、勉強の手を休め、
ブランデーを数滴足らした紅茶を淹れながら
「ミスター・ロンリー」の曲に乗って流れてくる彼の声に聞き入ったものです。

当時、島から出ることもほとんどなく、
飛行機なんて乗ったこともなかった私は、
(島から出るときは、船でした。)
外国へ旅行することや、大学に進学して
島から出て都会へ行くことに、憧れを抱き、
そんな外の世界へと想いを馳せていました。

ちょうど、前にも書きましたが、シャンソンが好きなものですから
パリってどんなところだろうとか思ってたんじゃないでしょうか。

もう何かこうして書いてみると、骨の髄までおっさんですね。
たぶん、大人びてみたかったんでしょうね。
紅茶にブランデーなんて、完全にヤン・ウエンリーの影響ですし。

今、ずっと繰り返し聞きながら書いてるんですけど、
何かしみじみとした気分になりますね。
いつもの冗談なんて、すっかり身を潜めたようです。

最終回をテープに録ったものがあったんですが、
いつの間にやら無くしてしまってたんです。
昨日、ニコニコで発見したときには、ふいに涙が出てきました。
本当に良い声ですよね。

私と同世代の方は、結構、聞いてらしたんではないでしょうか。
しばしの間、懐かしい気分に浸ってみてください。
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/458-4f983007
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。