上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べは、やれ手抜きエントリだの何だのと言われましたがね、
眠くて眠くて、一眠りしたら続き書こうと思ってたんですよ。
そしたら、火事が起きちゃって。
原野火災で畑の一部が軽く燃えただけだったから良かったんですけど、
結局、追記できませんでしたよ。
まめぞーです。こんばんは。

今日は、私なりのニコニコの魅力を語りたいと思います。
昨年、11月23日に ITmedia news に興味深い記事が載りました。

なぜ『ニコ動』は盛り上がり、『Second Life』は過疎化するのか

この記事で面白いのは、「ニコニコは擬似同期性」ということ。

「ニコニコ動画は、投稿コメントによる盛り上がりが蓄積されていき、後から再生したユーザーも、過去のユーザーのコメントを追体験して一緒に盛り上がれるため、「『いつでも祭り』を引き寄せるシステム」といえる。これに対してSecond Lifeのような真性同期の仕組みは、盛り上がってもその場限り。祭り終了後にやって来た人は盛り上がりを体験できず、「あとの祭り」になってしまう。」

つまり、「乗り遅れた!」ってことが
ニコニコ動画にはないのである。
例えば、ベルアイルでも、イベントが起こったときには、
その場にいた人じゃないと参加できない。
しかし、ニコニコ動画の場合は、自分がINした時間が、
すなわちイベントの時間なのである。
その楽しみ方が、ニコニコ動画ではできるというのだ。
なるほどと思いましたね。
さすが、専門家は言うことが違う。

そして、さらにもう1つの魅力と言えば、
何と言っても、ユーザーが個々のスキルを活かして
様々な形態で創造するということを楽しんでいること。

DTMブーム再来!? 「初音ミク」が掘り起こす“名なしの才能”

初音ミクに代表されるように、
音楽が作れる人は音楽を、絵が書ける人は絵を
アニメーションが作れる人はアニメを。
それぞれがお互いにインスパイアされて、創造が加速されていく。
これは、やはりニコニコならではのことです。

ただ、私が思うのは、ニコニコに魅せられるのは、
それぞれの「スキル」を持った人だけではないということ。

こんな思いをしたことはないでしょうか。
「私は何もできない。みんな楽しそうだけど、私は楽器も弾けないし、
絵も書けないし、アニメーションも作れない。」
いいな、楽しそうで。いいな、才能がある人は。
いいな。「持ってる」人はって思ったことはないでしょうか。

私は、しょっちゅうでした。
いろんなMADなんかを見たり、聞いたりする度に、
「いいなー、こういうことができる人って・・・」
そう思ってたんです。

「私は何も持ってない。才能なんてない。だけどやりたい!やってみたい!」
こんな衝動に突き動かされることってありませんか?
その衝動を解き放つ「場」。
私にとっては、これがニコニコの最大の魅力であると思っています。

音楽や絵画を始めとした芸術の、本質的な魅力とは、その解釈がどうこうや
技術がどうこうなどは問題ではなく、感情面に訴えてくるもの、
何か分からないけど、「衝動」を起こさせることにあるのではないかと思います。

ストラビンスキーが「春の祭典」を初演した際、
聴衆が暴動を起こしたと聞いたことがあります。
大げさな話かもしれませんが、
それがニコニコ動画では、毎日のように行われているのかもしれません。
その1番小さな(ひょっとしたら1番大きいかもしれない)衝動の開放が
「コメント」なんだろうって思います。
絵も音楽もできない人でも、コメントは書けますし。
それが「やる側」にとって、どれだけの励みになるか。

私も、何かやりたい!という衝動を抑え切れませんでした。
もっとも、UPしたのは自身のブログですけど。
私の場合は、それが「歌」でした。
「歌ってみた」で素人の人たちが、
上手な人も、下手な人も関係なく、自分自身の歌を載せている。
私もできるのかな?いいのかな?そんな風に見てました。

今まで、楽しそうだな、面白そうだな、仲間に入って一緒に騒ぎたいな。
そう思いながら、指をくわえて眺めるだけだった私に、
「ほら、一緒にやろうよ」
そう言って、手を差し伸べてくれたのが「初音ミク」だったのかもしれません。
私にとってのミクの魅力を文学的に表現すると、こんな感じだと思います。

「宴」なんですよね、ニコニコって。
祭とは、ちょっと違う。
みんなで飲んで騒いで芸やって。
下手も上手いも関係なしに、楽しいからやろうぜ!って。

だから、私もみんなに「一緒にやろうよ」って言ってあげたいんですよ。
で、うちのギルドでは実際に、そんな動きが始まっています。
それが昨日の新プロジェクト。
詳細は竜のブログに書いてます。
【初音マメ】オリジナルでdebutか!?


ちょっと長くなったんで、その辺はまた今度。
「きっかけ」というキーワードで書いてみたいと思います。


・・・うーん
やっぱり今日のエントリ、少し練れてないなぁ。
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/488-4675ae38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。