上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝!カミブクラーズ結成2周年!!!
2008年5月28日をもって、ギルド「カミブクラーズ」は結成2周年を迎えました。
おめでとう。ありがとう。

2syuunenn1.jpg

2周年記念記念撮影に集まってくれたメンバーたち。
前列:月英 陸王 鬼丸 小3姫・元木レイ 木鈴
後列:hortancia 抱月 フィリエト 点雨 syu
来れなかったメンバーは残念でしたね。
また、いつでも集まれるさ。
しかし、カミブクラーズなのに誰1人紙袋をかぶっていない件。

カミブクラーズも、ベルアイル正式オープン直後に結成されたんですね。
私がOβから始めて、ウルティマ時代からの友人を呼びました。
元々、このギルドを結成した理由というのが、
「INしていちいちPT組んでチャットするのがメンドクサイ。」
そんな単純さ。
カミブクラーズという名称は、ベルアイルを始めて出会った最初の友人、モヒ子が
常に赤い紙袋をかぶっていたことから始まります。
モヒ子は、私をはじめ、結成時メンバーに紙袋を配り、全員でかぶっていました。
ギルド作るのに名前どうするー?ってなったとき、
マシラの「カミブクラーズでいいんじゃね?」の一言で決定。
たまたまギルドを作りにいったのが私。
みんなからは、「ほんとにつけやがった!」って言われましたよ。

2syuunenn2.jpg

カミブクラーズの紹介文
自分では結構、気に入ってます。

結成時のメンバーは、私、モヒ子、マシラ、翔竜、アリー、雲海、ヒロ、ノイズの8人。
ここから、カミブクラーズの軌跡、そして奇跡が始まるのです。

まめぞー・ミンクス時代 
える、夢次、コパン、ハッチ、琉名、ジル、陸王、プリステア
ろりすけ、鬼丸、量産型ぴこちゅうが加入
この頃は、まだまだ個人個人がスキルを上げることで精一杯。
だんだんと、今のカミブクラーズへの形が作られてきたのもこの頃です。

藤緒・フォンイ時代
テスティ、点睛、フィアカ、かがり、シレネ、八凪十夜、五鈴、風之慎が加入。
今のカミブクラーズが作られたのがこの頃。
まだまだ私もギルマスとして悩んでいたりしていた頃でもありました。
私がしっかりしないといけないなど考えていた頃です。
みんなで強くなるにはどうしたらいいんだ?
そんなことも考えていました。

抱月・玉蓮時代
そしてこれが今のカミブクラーズ。
私が2ヶ月の休止期間を経て、復帰してからのカミブクラーズです。
devrock、Desmond、syu、鎌倉権五郎景政が加わりました。

登録メンバー数33人(サブアカも含む)
この2年間で、みんなと出会ったことは、本当に私の財産となりました。
私が悩んだときは、叱ってくれたり、相談に乗ってくれました。
みんなで一緒に、いろんなところに行きました。
オフ会での飲み会も、もう何度も行っています。

うちは基本的に「個人個人が好き勝手に、好きなことをする。」
これは結成当初から、全く変わっていません。
ギルドでの狩りも、来れるやつは来たらいい。
暇な人が来たらいいって感じです。
オフ会も同じ。

結成当初から、たまたまギルド結成しに行ったのが私ということもあって、
ずっと自分が引っ張ってるとか、自分がまとめているという意識はありません。
「俺についてこい!」ってタイプじゃありませんし。
やっぱり「好きなことをしたらいいよ、見ててあげるから」という意識は、
今でもずっと変わってないと思います。

以前、飲み会のときに、あっちフラフラ、こっちフラフラするメンバーを見て、
「わしも大変やな、こんなメンバーまとめてるんか?」というと、ハッチが
「あはは。みんな勝手に集まってるだけだよ。」って言ったのが印象的でした。
ほんとにそんな感じ。
みんな勝手に集まって、好き勝手にしてる感じです。

やっぱりうちはここじゃないとっていう理由で記念撮影を行った溜まり場。
初代まめぞーが、ここで焼肉店「ビーフなお年頃」を開いていたのが始まりです。
そこへ狩りを終えたメンバーやヒマなメンバーが集まりだしたのがきっかけ。
ただ、そこへ集まってみんなでお話してるのを見ていると、
なんだか微笑ましくて、こういうのっていいよなって思ってました。

ギルドでのPT狩りもそんな感じですが、結構、言うときもあります。
なんていうかな。
私は楽がしたいんですよね。
なんもせんで、いっぱいおしゃべりしてたい。
そのために、ギルメンに成長して欲しいんです。
うちはカオスが大好きですけど、カオスになっても
誰も何も言わなかったらつまんないんです。
やっぱり誰かが「ぎゃーす!」って言うからカオスは面白い。
だから、私は真っ先に「ぎゃーす!」って言う役目でいたいんですよね。

私はそんな感じです。
ただ、私と合わない人は、ギルメンとも合わんと思ってます。
私が思うのは、それだけ。

うーん、なんだろうね。
カミブクラーズって。
勝手に集まってるわりには、ものすごくまとまりがあるし。
ものすごい懐が深いと思いますよ。
それを私じゃなくて、みんな1人1人が作り出してる。

みんな1人1人が、他のメンバーを引っ張って、
みんな1人1人が、他のメンバーを助ける。
みんな1人1人が、考えて動ける。
そんな不思議な集団、それがカミブクラーズです。

プリステアが、こんな素敵なSSを作ってくれました。

2syuunenn3.jpg


元のサイズはコレです。クリックすると大きくなります。
puri2syuunennss.jpg


ベルアイルというゲームを選んで、カミブクラーズというギルドで出会えた。
天文学的な、考え出せば宇宙が生まれたときから続く
そんな出会いを奇跡と呼ばずして、何と言うでしょう。
やっぱりいいご縁があったんでしょうね。
みんなと出会ったことを考え出すと、そんな古めかしい言葉が、
とても素敵で、大事な大事なものに思えてきます。

今はもう、ベルアイルをやめたメンバーも、たまにはふらっとやってきて
おっちゃんどないや?って行ってくれたら嬉しいです。
私はここにいます。
相変わらずね。

まだまだ思い出を語るには早すぎます。
これからの未来、分からないことだらけで、こんな頼りないギルマスですけど、
一緒に笑い合って歩いていけたらいいなと思います。

冒険は、いつもいつでも思えばすぐ側にあるんですから・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/590-251407ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。