上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ベルアイルからちょっと離れて他のゲームに手を出してみた第1弾。
モンスターハンターフロンティアをやってみましたよ。
まめぞーです。こんばんは。

mamezo-mhf.jpg

こちらがMHFでの私の分身「まめぞー」さんです。
激シブですね。
リアルの私と同様、褐色の肌にしてみました。メラニン色素万歳。

さて、このMHFはアクションRPGみたいなものでして、
あれですね、イメージ的には聖剣伝説だと思っていただければ。
キーボードかもしくは、ゲームパッドで自分のキャラを操作し、
バッタバッタと敵を倒していく痛快アクションが魅力です。

そんなまめぞーさんも、操作を覚えるために、
いっちょ初心者クエでもやるかと、さっそく狩りにでかけてみました。

mamezo-mhf2.jpg

いきなりの残虐ファイトにちょっと引いてしまった私。
敵を倒した後、肉をとるために捌いていますよ!
草食恐竜を倒すクエストだったのですが、初っ端から流血シーン満載です。

あぅぅ、恐竜さんかわいそうですぅ~(><)なんて
スイーツ(笑)な感情を抱きつつ草食恐竜をなぎ払っていると、

mamezo-mhf3.jpg

途中で出てくる訓練教官の存在に軽くムカつきます。
「剥いで!もっと剥いで!そう、お前の実力はそんなもんじゃないだろ!?
ほら、もっと大きな声で!そんなんじゃ届かないよ!」とか言っている
松岡修造並にウザさを感じました。
でも、修造。お前のこと嫌いじゃないぜ。

MHFの魅力は、敵を倒しまくるアクション性の爽快感にあると思いますが、
私、もっと素晴らしい楽しみに気づいてしまいました。

mamezo-mhf4.jpg

B・B・Q!B・B・Q!

この野外調理キットとやらで行う肉を焼く作業が実に楽しい!!!
調理キットを使用すると、「ぽっぺけぽけぽけ、ぽっぺけぽけぽけ」という音楽と共に
はじめ人間ギャートルズに登場するような肉をグルグル回し始めます。
肉の焼き加減を見るまめぞーさんの眼差しも実に真剣です。

焼き加減は音楽終了と同時に肉の焼き色を見て判断。
ちょうどいいタイミングを見計らってクリックします。
外はカリカリ、中はジューシーに見事に焼き上げると、

mamezo-mhf5.jpg

「上手に焼けましたー♪」というSEが!!!

タイミングが悪いと、

mamezo-mhf6.jpg

生焼けだったり、

mamezo-mhf7.jpg

コゲたりします。

楽しい!これは楽しすぎる!!!
なにより「上手に焼けましたー♪」を何度も聞きたくなるという中毒性が!
いやもう、ずっと恐竜狩る>肉を剥ぐ>肉を焼くの作業を繰り返してました。
これはいい。

mamezo-mhf8.jpg

ロケーションを変えて、浜辺でBBQというのもなかなかのものです。
何十個肉を焼いたか分からないくらい焼きまくりましたよ。

操作性が難しく、とっつきにくい部分はありますが、なかなか面白いです。
ただ、以前も書いたように「コレだ!」という武器がないので迷います。
はハンマーが好きと書いてましね。
余談ですが、こないだ室伏広治のWikipedia記事を読んでいると、
MHFではハンマー使いを非公式に「ムロフシ」と呼んでいるとの記述が。
さすが世界の室伏。誰にでも愛されるキャラクターはMHFでも健在です。

私は太刀を使おうかなーと思い始めていましたが、コンボが難しいらしいですね。
ただ、何で今、MHFを本気でやろうと思わないのかと言いますと、
せっかくキーコンフィグでキーを使いやすいように割り振りまくったのに、
次の日、それが全部消えていたというショッキングな出来事があったからです。
セーブをしないとダメらしい・・・ God Damn!!!
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/661-2eb07b10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。