上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちは、いつから夢を語らなくなったのでしょう。
一日の終わりが名残惜しくて、夕日追いかけてたあの頃のように、
もう1度、忘れていた何かを取り戻してみませんか?

秘密基地をつくろう!

お前ら、最っっっ高だぜっっっ!!!
やってくれるぜ、タカラトミー。
こんな遊び心を忘れないメーカーがあるとは思ってもみませんでした。
今日は、夕べマシラさんと約束したUSB用の何かを紹介します。
まめぞーです。こんばんは。

もうね。アホすぎ。
いい年した大人が、よってたかってこんなの作るなんて。
でもね、そこに私は最高の賛辞を送りたい。

昨日、仕事中にいつものようにITmediaNewsで最新のIT記事を読んでいた私。
思わず食いついちゃいました。
グッときて、ハッと。
若い奴らは誰も分からないこのセリフ。
でも、いいんです。私と同世代なら分かるはず。
それに、これに食いつくのは同世代。
こんなのを今まで知らなかったなんて。

ITmediaの記者の方が書いた記事が秀逸。
司令官は、あなたです──タカラトミー「秘密基地をつくろう!」開発秘話
「射程距離に入った」「てーーーー!」──タカラがつくるとPC向けパーツはこうなる

さらに昨日、こんな記事が
日本のへいわをLaVieでまもれ!:秘密基地専用LaVie、限定発売

やべぇ、欲しくなってきた。
私、ガンダムはうろ覚えでしかないので、よく分からないのですが、
戦闘機大好きッ子のため、マクロスは、かんなり覚えています。
大学に入ったとき、もっぺんビデオ借りて見てみますと、
おー、懐かしいーだけじゃなく、やっぱりかっこいい。
「秘密基地をつくろう」に、女性オペレーターの声が付属していたら
即買いの予感。
おばはんみたいだけど、私だって立派なオトコノコなのですよ。

どっちかというと、秘密基地と聞くと私にとっては、
小学校の頃よく遊んだ、林の中の「ひみつきち」を思い出します。
木の上に、みんなで板とか拾ってきては、床つけたり、屋根つけたり。
小学生の男の子にとって「秘密基地」は、普段着の大冒険。
今考えると、え?うちらってハックルベリィフィン?みたいな遊びでした。
親に怒られて、家飛び出して、秘密基地の中で一晩過ごしたのも
今となっては良い思い出。
もし、結婚して、お父さんになれたら、
子供が「ひみつきち行ってくるね。」って言うのが楽しみかなぁ。

ご婦人方は、知り合いの殿方に、
「秘密基地ってつくった?」って聞いてごらんなさい。
ほっとんどの人が「作った!作ったよ!」って誇らしげに答えてくれるから。
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/76-b7b0d89d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。