上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、五月晴れの穏やかな日々が続いております。
てか、5月ってのに暑いんだよ。
日差しは強いし、また焼けてるんだよ。
まめぞーです。こんばんは。

みんな見たーーーーー!?
先日のNHK教育50周年記念番組で、あのチョーさんが復活したんだよ!!!!
ここを読んでる人でチョーさん知らない人っていないよね!?
あのチョーさんだよ!あのチョーさん!
小学校3年生社会科番組「たんけんぼくのまち」に出てたチョーさんだよ!!!

私も全く知らなくて見逃したんだけど、Youtubeにあったよー!



うはwwwwチョーさんわけぇwwww テンション高すぎwwwwww
って、見てるわしもテンション上がりすぎwwwwww

さぁ、みんなで歌おうぜ!!!

しらないことが おいでおいでしてる 
出かけよう くちぶえふいてさ
びっくりしようよ あららのら!
調べてなっとく うん そうか!
おもしろ地図をひろげよう
たんけん はっけん ぼくの町 ♪

いやね、もう覚えまくってるよ、この歌。
これさ、ほんとでいい歌だわ。
ウルウルきちゃうくらいいい歌。

さて、今日のタイトル「本気で子どもに見せたい番組」。
これは今の子どもたちに絶対見て欲しい番組だと思います。
私に子どもができたら、是非見せてあげたい。
チョーさんの、自分で行って、自分で見つけて、という姿勢を教えてあげたい。

情報過多なこの時代。
なんでもネットで検索したりすることで簡単に情報が手に入ります。
今の若い子って、そうした情報によって、頭の中だけで分かったつもりになってて、
実は何も分かってないんじゃないの?って子が多いような気がします。

情報過多が作り出す『L1飛空艇』症候群
私はこの記事を読んだとき、非常に強い感銘を受けました。
ご一読することをお勧めします。

ベルアイルなどのMMORPGをやっているときに思うのですが、
簡単にスキル上げの方法を初心者のうちからやってたり、
強いアイテムを最初から揃えることだけに一生懸命になっていたり。
そういう子は、はっきり言って使えないと思う。
「与えられること」に慣れすぎてるんじゃないのかな。
自ら悩んで、何度も死んで、それでも工夫した子は全く動きが違います。
そういう子は「生きた」情報を自らの中に蓄積しているからなんですよね。

これはリアル社会でも同じようなことが言えると思う。
失敗しても、自ら行動するような子は伸びてくるんじゃないかな。
私ももちろんまだ若い世代に入りますが、
こうした気持ちを大事にしながら仕事に取り組もうとしています。
まだまだですけどね。

「与えられること」に慣れた子らは、「モノをくれる」、「なんでも教えてくれる」
そうした人たち=「いい人」という図式ができあがってるような気がします。
私としては、それは優しさと甘やかすことを履き違えてるだけだと思いますが、
そういう子らは、それが当たり前だと思っているのかもしれません。

だからこそ、チョーさんが見せてくれた、
「自分で行って」、「自分で見つけて」という姿勢を今の子どもたちに学んで欲しい。
世の中には本当に「しらないことが おいでおいでしてる」んですよね。
私が常々言っているように、世界は常に新鮮な驚きに満ちているんです。
自分たちが住み慣れた町でも、発見は常にあります。
それを探そうとする姿勢をチョーさんを通して学んで欲しい。

NHKは是非、「たんけんぼくのまち」を復活させて欲しいなぁ。
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/806-84558af0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。