上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べは夫婦で飲みに行ってて、
帰ってきたら、ぱったり寝ておりました。
まめぞーです。こんばんは。
今日はベルでお出かけなので、ちょっと早めの更新です。

今日は旅行顛末記の2回目をお届けします。
人間ドッグが金曜日の午前中に終わりましたので、
そのまま九州国立博物館の「興福寺阿修羅展」に行きました。

阿修羅展はもんのすごい人!人!人!
14時に博物館について、館内に入ったのは16時。
なんと平日だというのに、2時間もまたされましたよ。
人間ドッグでバリウムを飲んでいたので、
終わってから下剤を飲まされた身にはかなりつらいものがありました。
途中、家内に並んでもらってトイレに行ったんですけどね。
いやー、すごかった。

ただ・・・
阿修羅良かった・・・
ものすごく感動した・・・

isan_photo02.jpg

ガラス越しではなく、直接見れる上、阿修羅の周りをぐるっと回れました。
まずは正面から阿修羅像と対峙。
時計回りに進むと、右面には何かに耐えているように、
じっと唇を強くかみ締めた阿修羅の顔が。
そして左面には眉根を寄せ、哀れむような、悲しむような阿修羅の顔が。
さらに進んで、また正面から阿修羅像と対峙する。

私は感動で涙があふれそうになりました。
つらさ、苦しみ、かなしみ、それを乗り越え、しっかりと前を見据えた阿修羅像。
正面の顔にはその意思がしっかりと表されていました。

ああ・・・、これは人だ・・・。
阿修羅とはまさに人そのものではないか。
私はそう思いました。

何度となく同じことを繰り返し、そしてまた歩き出す。
同じところを周っているようでも、横から見たら違う場所にいる。
そんな螺旋の成長を続ける人そのものである。
私はそう感じたのです。
人間の強さ、そして弱さが全てこの像に収斂されていました。

本当に感動で涙が出てきました。
これを見れただけでも2時間待ったかいがあったというものです。
人を引き付けて止まない阿修羅像の魅力はそこにあるのでしょう。

その夜には福岡ドームで野球観戦。
うちの家内は大学時代、福岡ドームでビールの売り子をしておりまして、
そっから大のソフトバンクファンなのです。
私は阪神ファンですが、パリーグの試合ではソフトバンクを応援。

8回までは岸の見事な投球に押さえ込まれ、
小久保のホームラン1発だったソフトバンクですが、
9回の猛攻で一気にサヨナラ勝ち!
いやー、途中で帰ろうかと思いましたが、最後まで残ってよかったです。
初めてサヨナラ勝ちの試合を生で見ましたが、
お客さんのボルテージが一気に上がるあの瞬間はいいですね。

その後は、家内の売り子時代からの知り合いで
大のソフトバンクファンのお医者さんと飲みにいきました。
年間チケットをその方からいただいてたんで、3人で観戦してたんです。
昔からお世話になってる方らしいので、ちゃんとご挨拶しました。

こうして振り返るとほんと内容の濃い旅行ですね。
次は宮崎編をお送りします。
Secret

TrackBackURL
→http://nyorori777.blog74.fc2.com/tb.php/889-8f8601a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。